エネルギーをつくる、暮らしを支える パナソニック エネファーム「マンション向け」エネルギーをつくる、暮らしを支える パナソニック エネファーム「マンション向け」

エネファーム一台で「創エネ」+「省エネ」で「快適」+「安心」な暮らし

エネファームのある暮らしのイメージ

エネファームのある暮らしのイメージ

エネファームは、都市ガスを燃料に、自宅で発電できるシステムです。しかも、発電の時に出る熱を無駄なく利用して、電気といっしょにお湯もつくります。自宅でつくってつかうから、エネルギーロスが少なくてとってもエコ。暮らしにあわせて運転してくれるので省エネにもなります。床暖房やミストサウナなど快適な暖房設備も利用でき、もしもの時の停電時発電機能も備わっていて安心です。エネファームで、エネルギーをつかう家から、つくる家へ。安心と快適な毎日をお届けします。

  • ※停電時発電継続機能付き、および停電時発電機能オプション(別売品)使用時
電気

毎日の暮らしに
必要な電気は自分でつくる

エネファームは、ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて発電します。発電出力は最大700W。エネファームでつくった電気は住まいの中に供給されます。

エネファームのしくみ

発電のしくみ
ガスから取り出した水素と、空気中の酸素を化学反応させることで発電します。
給湯のしくみ
発電時に発生する熱を利用して約60℃のお湯をつくり、設定温度になるよう水と混ぜて出湯します。貯湯タンクのお湯がたりないときや、おふろの追いだきは
バックアップ熱源機で加熱します。
暖房のしくみ
暖房設備に使う温水は、バックアップ熱源機でつくります。

照明

照明

冷蔵庫

冷蔵庫

エアコン

エアコン

テレビ

テレビ

1日の電気の使用イメージ例

1日の電気の使用イメージ例

  • グラフは一例であり、発電時間や発電量は、季節やご家庭の電気・お湯のご使用状況によって異なります。
  • 電気・お湯のご使用状況によっては、発電しないことがあります。

他の特長を見る

お湯

エネファームのお湯で
くらし快適!

エネファームは、発電の時に出る熱を有効利用してお湯をつくります。経済的でエコなお湯なので、気兼ねなくたっぷり使えて、日々の水仕事や、家族の快適な時間をサポートします。

  • ※貯湯タンクのお湯が足りないときや、おふろの追いだきはバックアップ熱源機で加熱します。

全自動風呂

全自動風呂

お湯はりも、たし湯も、追いだきも、スイッチひとつで快適なおふろが楽しめます。

  • おふろの追いだきはバックアップ熱源機で行います。

キッチン・洗面所

キッチン・洗面所

エネファームでつくったエコなお湯をキッチンや洗面所で使えます。

食器洗い乾燥機・食器洗い機
(給湯接続)

食器洗い乾燥機・食器洗い機 (給湯接続)

洗浄・すすぎ行程の加熱時間が短く、運転時間が短縮できます。

  • ※機種や水温などの条件により給水接続と変わらない場合もあります。

他の特長を見る

暖房

ガス温水暖房設備で
毎日すごしやすく

エネファームとガス温水床暖房やミストサウナ付き浴室暖房乾燥機などを組み合わせれば、さらに快適な暮らしが広がります。

  • 各種暖房設備はオプションです。
  • 暖房はバックアップ熱源機で行います。

ガス温水床暖房

ガス温水床暖房

温水で暖めるふく射暖房なので、お部屋が均一に暖かく、空気がクリーンで快適です。

ミストサウナ付き
浴室暖房乾燥機

ミストサウナ付き 浴室暖房乾燥機

低温・高湿度のミストサウナは短時間の入浴でカラダの芯まで温まり、リラックス効果も期待できます。

浴室暖房乾燥機

浴室暖房乾燥機

浴室暖房や衣類乾燥などで、浴室をもっと快適に活用できます。

他の特長を見る

レジリエンス

停電時にも電気と
お湯が使える
断水時は貯湯タンクの
お湯(水)を雑用水に

レジリエンス機能イメージ

パナソニックのエネファームはレジリエンス機能を標準搭載。
もしものときにも、快適で安心な暮らしをサポートします。

レジリエンス1

「停電時あんしん発電」で停電中も電気とお湯が使える

ポイント①
最大500Wまでの電力が
停電時専用コンセントから使えます
ポイント②
最長4日間(96時間)
使えます
ポイント③
発電が継続することで、
お湯やシャワー、
ガス温水床暖房
も使えます
  • 停電時の発電には、都市ガスと水道が供給状態にあることが必要です。また、リモコンの「停電発電モード設定」が必要です。
  • 停電時専用コンセントは、停電時以外はご使用いただけません。
  • 発電を長時間継続するためには、停電発電開始後にリモコンで「浴室排水設定」が必要です。

使える機器の目安

使える機器の目安「照明・情報機器」

プラス

使える機器の目安「お湯」

合計で500Wまで

  • 使用電力の目安はパナソニック調べ(2018年11月)
  • 使用電力は、メーカー・機種・使用条件などによって変わります。さらに動作しない機種もあります。

停電時の運転イメージ

停電時の運転イメージ

グラフは一例であり、実際の電気・お湯のご使用状況によって発電時間は異なります。

停電時の運転イメージ

停電時の運転イメージ「通常時」
矢印
停電時の運転イメージ「停電時」
レジリエンス2

断水時は貯湯タンクのお湯(水)が雑用水に使える

断水時に雑用水の確保が必要になった場合、タンクのお湯(水)を取り出し使うことができます(最大約140L、トイレ約35回分)。備蓄管理の手間が省けるとともに、常に雑用水を確保できることが安心感につながります。

約130L トイレなら約32回分
いざという時、ホースがなくても、ペットボトルで取り出せます!
  • 節水型トイレ(洗浄水量約4L/回)の便器に排水する場合。トイレの種類によって、必要な水量が変わります。

他の特長を見る

省エネ

1日の電気・お湯の使用量に
応じてかしこく自動運転

エネファームは、電気やお湯の使用量と使用パターンを自動で学習します。
各ご家庭の生活パターンを予測して、もっとも省エネになるように、自動運転します。

1日の運転イメージ例(自動発電:おまかせ)

1日の運転イメージ例

  • 運転イメージは一例です。発電時間は、季節やご家庭の電気・お湯のご使用状況によって異なります。
  • 学習をもとに当日の生活パターンを予測し、発電時に発生する熱を生かして必要なお湯をつくります。お湯のご使用量によっては、発電し続けるとお湯を余らせてしまうことがあるため、省エネになる分だけ発電します。
  • 住戸内で消費するすべての電気・お湯をつくることを保証するものではありません。
  • 電気・お湯のご使用状況によっては、発電しないことがあります。
  • 冬場は、お湯の使用量・使用頻度が高いため、貯湯量が増えにくくなります。

自分で電気をつくるから、電気料金を抑えられる

エネファームで発電した電気をご家庭で使用することで、電力会社からの購入電力を減らすことができます。
発電にガスを使用する分ガスの使用量は増えますが、ガス事業者様で用意されてるおトクな料金メニューをご契約されることで、トータルの光熱費はおトクになります。

エネファーム導入による、光熱費削減効果のイメージ※1

エネファーム導入による、光熱費削減効果のイメージ
エネファーム導入による、光熱費削減効果のイメージ
  • ※1 削減効果は、ご家庭の電気・お湯のご使用状況によって異なります。
  • ※2 詳しくは、ガス事業者様のガス料金メニューをご確認ください(エネファーム料金が設定されない場合もあります)。
  • ※3 機器費・工事費は光熱費削減効果の算出にあたっては考慮にいれておりません。

他の特長を見る

環境性

つくる場所=使う場所で
ロスを削減
一次エネルギー利用効率は
95%

エネファームは、燃料となる一次エネルギーをほとんどムダにせず、95%利用して電気やお湯をつくります。大規模発電所などに比べ、非常に効率のよいコージェネレーションシステムです。

従来システムとエネファームの一次エネルギー利用効率比較

従来システム(大規模発電所)に
よる発電

発電所における発電では、発電時に発生する熱は、その多くが利用できず海や空気中に捨てられています。また、つくる場所と使う場所が離れていることで、送電ロスで失われるエネルギーもあり、燃料として供給したエネルギー(100%)に対し、約41% 程度のエネルギーしか利用することができません。

従来システム(大規模発電所)による発電のイメージ

エネルギー使用の合理化に関する法律に基づき算出

エネファームによる発電

エネファームは、自宅で発電するため送電ロスがなく、また発電時に出る熱を給湯に有効利用することができます。電気をつくる場所と使う場所が近いエネファームは、エネルギー使用のムダが少ないため、95%という高いエネルギー利用効率を実現することができます。

エネファームによる発電のイメージ

[HHV 基準=85.8%]

効率は[LHV基準]で表しています。
LHV=燃料ガスを完全に燃焼させた時に生成する水蒸気の凝縮潜熱を差し引いた発熱量。
HHV=燃料ガスを完全に燃焼させた時に生成する水蒸気の凝縮潜熱を含めた発熱量。

一戸あたり年間約1.0トンのCO₂排出量を削減

エネファームを設置すれば、ガス給湯暖房機使用の住宅と比較して、CO₂排出量を年間約1.0トン削減できます。

年間CO₂排出量 削減効果の比較

エネファームを1年間使う

約1.0トン 削減

照明を電球形LEDランプに
取り換える

約52.8kg/年 削減

アイドリングストップ
(30kmごとに4分間)

約40.2kg/年 削減
  • ※1 下記条件にて試算したものです。電気・ガスのご使用状況によって削減量は異なります。
  • ※2 出典:資源エネルギー庁 「家族の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」

試算条件

①CO₂排出係数/
ガス:2.29 kg-CO₂/m³(ガス会社様データ)、
電気:0.69 kg-CO₂/kWh(「中央環境審議会地球環境部目標達成シナリオ委員会中間取りまとめ」平成13年7月より)
②年間負荷/
給湯:14.8GJ、風呂保温:1.1GJ、冷房:4.5GJ、床暖房:9.0GJ、エアコン暖房:3.9GJ、照明他:9.5GJ
(マンション(専有面積80m²)3人家族を想定)
③電力需要/
ガス温水床暖房所有のガス・電気併用住宅の電気消費量:3.194kWh
④使用機器/
従来システム:ガス給湯暖房機、ガス温水床暖房(居間)、ガスコンロ、居間以外の暖房および冷房は電気エアコンを使用
エネファーム:エネファーム、ガス温水床暖房(居間)、ガスコンロ、居間以外の暖房および冷房は電気エアコンを使用
  • *数字は四捨五入しているため、合計が一致しない場合があります。

他の特長を見る

リモコン

操作しやすい大型スイッチ
“エネルック”でエコを
さらに身近に

エネファームの発電量や電気・お湯・ガスの使用量などを把握でき、省エネをサポートします。
エネルギーの見える化で、ご家庭のエコ意識も高まります。

エネルギーをわかりやすく見える化、操作も簡単

台所リモコン

「台所リモコン」イメージ
  • 購入電力を表示します。
  • 家庭の消費電力を表示します。
  • エネファームの発電状況を表示します。
  • 自家発電による「電力自給率」を葉っぱマーク
    表示します。
  • 貯湯タンクの湯量をアニメーション表示します。

浴室リモコン

浴室リモコンでも台所と同じ情報がカラーで見られます。

「浴室リモコン」イメージ

今日の実績エネルック

家庭のエコがひとめでわかる、実感できる。

「今日の実績」

その日の発電量やエコ貢献度などが確認できます。

「エネルック」

発電量や電気・お湯の使用量の推移・累積などが確認できます。

  • 本製品は計量法の対象商品ではありません。リモコンに表示される数値は目安であり、
    電力量計の値、電力会社からの請求書等、各種数値と異なる場合があります。
  • リモコン画像はイメージです。ご使用状況によって数値等は異なります。

他の特長を見る

設置性

新築マンションにおける
設置自由度が向上

燃料電池ユニットのラインアップに排気筒を延長可能な「排気延長タイプ」を追加。従来設置することがが難しかった場所にも設置が可能となりました。
また、貯湯ユニットとバックアップ熱源機のユニット間の許容配管距離を15mに延長したことにより、ユニット間の距離が長い設置も可能となりました。

燃料電池ユニット/貯湯ユニット/バックアップ熱源機

PS扉内設置(隣接設置)[標準タイプ]

燃料電池ユニット、貯湯ユニット、バックアップ熱源機の3つのユニットを1つのパイプシャフトにまとめて設置することができます。

PS扉内設置(隣接設置)[標準タイプ]イメージ
PS扉内設置(隣接設置)[標準タイプ]イメージ

PS扉内設置(分離設置)[標準タイプ]

貯湯ユニットとバックアップ熱源機の間の許容配管距離を従来の10mから15mに延長したことにより、住戸の両端にユニットを離して設置することが可能となりました。

PS扉内設置(分離設置)[標準タイプ]イメージ
PS扉内設置(分離設置)[標準タイプ]イメージ

PS扉内設置(分離設置)[排気延長タイプ]

排気筒を延長することで、従来設置することが難しかった排気が滞留し易いような奥まった場所にも、設置可能になりました。

PS扉内設置(分離設置)[排気延長タイプ]イメージ
PS扉内設置(分離設置)[排気延長タイプ]イメージ

バルコニー設置[標準タイプ+バルコニー用化粧カバー]

専用部材(バルコニー用化粧カバー)を取り付けることで、マンションの外観を損ねずバルコニー設置が可能です。

バルコニー設置[標準タイプ+バルコニー用化粧カバー]イメージ
バルコニー設置[標準タイプ+バルコニー用化粧カバー]イメージ

イメージです。実際の設置とは異なります。 配管や配線などは省略しています。

他の特長を見る

商品仕様

エネファーム外観・仕様

燃料電池ユニット

使用ガス種:都市ガス13A

標準タイプ 排気延長タイプ バルコニータイプ
品番※1 設置の際はFCPS設置架台が
必要となります。
(高さ150〜230mm) 標準タイプ	FC-70FD13
(停電時発電継続機能付)
FC-70FD23
(停電時発電継続機能無し)
設置の際はFCPS設置架台が
必要となります。
(高さ150〜230mm)排気延長タイプFC-70FJ13
(停電時発電継続機能付)
FC-70FJ23
(停電時発電継続機能無し)
標準タイプに、別売品の
バルコニー設置用化粧カバーを取り付け、
FCバルコニー設置架台に
設置した状態です。
バルコニータイプFC-70FD13
(停電時発電継続機能付)
FC-70FD23
(停電時発電継続機能無し)
発電出力(定格) 0.7 kW(出力範囲: 0.20〜0.70kW)
熱出力(定格) 1.08 kW(出力範囲: 0.21〜1.01kW)
燃料電池形式 固体高分子形
燃料処理方式 水蒸気改質方式
電気接続方式 単相3線式 AC 100V/200V
発電効率※2 LHV:39.0% / HHV:35.2%
熱回収効率※2 LHV:50.6% / HHV:56.0%(低位発熱量基準)
ガス消費量 2.0kW(定格時)
外形寸法 高さ
1750mm

399mm
奥行
395mm
高さ
1750mm

399mm
奥行
395mm
高さ
1900mm

399mm
奥行
491mm
質量 82kg(運転時87kg) 80kg(運転時85kg) 82kg(運転時87kg)
最大消費電力 起動時最大510 W以下(凍結予防時を除く)
騒音値※3 38dB(A)(発電時)
熱回収温度 60℃~80℃(安定時)
  • ※1 品番はガス事業者様により異なります。詳しくはガス事業者様にお問い合わせください。
  • ※2 LHV=燃料ガスを完全に燃焼させた時に生成する水蒸気の凝縮潜熱を差し引いた発熱量。
    HHV=燃料ガスを完全に燃焼させた時に生成する水蒸気の凝縮潜熱を含めた発熱量。
  • ※3 実際に据付けた状態での運転音は、周囲の影響を受けて表記値よりも大きくなります。

貯湯ユニット※1

貯湯ユニット

設置の際は設置架台が必要となります。
(高さ150mm)

品番 KGTS-FCA16AS
貯湯タンク容量 140L
減圧弁圧力 370 kPa
外形寸法 高さ1750mm × 幅400mm × 奥行560mm
質量 49kg(運転時197 kg)
最大消費電力※2 26 W
  • ※1 株式会社ガスター製です。
  • ※2 給湯、暖房、風呂同時で最大時。

バックアップ熱源機※1

バックアップ熱源機

バックアップ熱源機は、
設置スペースや機能に応じて
最適な機種をご選択いただけます。

種類 標準タイプ スリムタイプ
集合標準 PS扉内 アルコーブ 上方排気 PS扉内
品番 YRFCH-
E2402AH2-
6A
YRFCH-
E2402AT2-
6A
YRFCH-
E2402AA2-
6A
YRFCH-
E2402AU2-
6A
YRFCH-
SE2402AT2-
6A
熱源機タイプ 潜熱回収型ガス瞬間式 潜熱回収型ガス瞬間式
給湯能力 41.9kW(24号) 41.9kW(24号)
追いだき能力 9.9kW 9.9kW
暖房能力 17.4kW 17.4kW
外形寸法 高さ 750mm
幅 480mm
奥行 250mm
高さ 900mm
幅 250mm
奥行 450mm
本体質量 44kg 49kg
内蔵ヘッダー数 6 6
最大消費電力※2 230W 250W
騒音値※2※3 49dB(A)以下 49dB(A)以下
最大ガス消費量※2 64.8kW 64.8kW
  • ※1 バックアップ熱源機は、株式会社ガスター製です。
  • ※2 給湯、暖房、風呂同時で最大時。
  • ※3 実際に据付けた状態での運転音は、周囲の影響を受けて表記値よりも大きくなります。

他の特長を見る

商品に関するご注意

  • 燃料電池ユニットの運転に際しては、電力会社との系統連系手続きが必要です。
    電力会社との手続きが完了していない場合は、発電することはできません。
  • 燃料電池ユニットは、定期的に点検が必要です。既定の期間内に点検を受けないと運転を停止します。
  • エネファームは、貯湯タンクにお湯をためる方式のため、水道直圧式の給湯機器よりも、お湯の出が弱くなることがあります。
  • 快適にお使いいただくためには給水元圧が0.2MPa以上であることが必要です。
  • 停電時専用コンセントには、途中で電源が切れると、生命・財産に損害を与えるおそれがある機器は接続しないでください。

他の特長を見る


本文の先頭

up